読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三途の川おさかなのブログ

三途の川おさかな(@osakana4242)のブログ

おれはスイーツ(笑)になる

きりおさん、かにたまさんと3人で、上野にあるスイーツパラダイスという、スイーツが1480円で70分間食べ放題のお店に行ってきました。
きりおさんはぼくが先月の日記で、「女の子とお祭り行きたい!」とぼやいていたところに、「おねえさんで良ければ」とコメントを付けて下さった、素敵なおねえさん(ヲタ)です。コメントをいただいてから、少しメールでやりとりしていたのですが、ぼくの日記を4年ぐらい読んでいただけているらしいです。ただ彼女はお子様もいる、れっきとした人妻なので、男女として、2人でお祭りに行くのは危険な香りがします。そこで、彼女のネットの友達のかにたまさんを含め、普通のオフ会をする運びになりました。

13時に京成線の上野駅で待ち合わせ、きりおさんと顔会わせ。明るくて、お話しやすそうな方で安心しました。目的の店に行く前に、彼女が袋を買いたいというので、ヨドバシに向かいます。
「何を入れる袋ですか?」
「げんしを。。。」
「げんしって、原子力潜水艦とかのあれですか?」
「いえ、コピー用紙とかのげんしです」
「あ、あー。。。(想像がついていない)」
ヨドバシに着き、彼女が眺めていたのは、カード入れでした。カード入れって言えよ!!

きりおさんは夜にツタヤでバイトしているのです。夜なので、AVを借りていく男子が結構います。テレ隠しのつもりなのか、数枚のAVを重ね、その上に1枚だけ普通のDVDを重ねて持ってくる人がいるということを、彼女は楽しそうに話します。女子がAVを借りにくることがあるのか気になって聞いてみたのですが、彼女の職場ではいないみたいでした。
ぼくがAVを借りたり、エロ本を買う場合も、上記の1枚だけ普通の作戦でテレ隠ししたい気持ちになります。でも、きりおさんみたいにそれを心の中でこっそり楽しむ人が確実にいるので、あえて、堂々と品物を提示する様にしています。

13時30分ごろ。ビルの何階かに収まったスイーツ(笑)の巣。スイーツパラダイスの前にやってきました。入り口から壁に沿って、4、50人くらいの人が並んでいて、2人でぎょっとします。お店に入れるのは1時間後くらいでしょうか。

きりおさんがぼくにおそるおそるの質問をします。
「なぜホームページにオウム関連の音楽があるのですか?」
オウムの信者なんじゃないかと少し、あやしまれている。オウム関連の音楽はあくまでネタでやっていることなのだということを、ぼくは全力で弁解しました。オウマーとはそういうものなのです。ふむ。もしかして、ぼくのホムペを見ている人の中で、他にもぼくが信者なんじゃないかと思っている人がいたりするのか。これはホムペのどこかに、ちゃんと注意書きをしておいた方が良さそうです。

しばらくすると、かにたまさんがやってきました。まずは初対面のごあいさつ。
「かにたまです」
「おさかなです」
かにたまさんは物静かでまったりした兄さんで、ぼくの知っている中だとむぎめしさんに雰囲気が少し似ているなと思いました。みんな食べ物です。
http://www15.plala.or.jp/sasimi/diary/20090906_00.jpg
きりおさんと、かにたまさんが顔を合わせます。きりおさんの「マグマの杖余ってない?」のひとことで、2人はドラクエのなんかカードの入ったアルバムを取り出して、カードのトレードを始めました。スイーツ(笑)が大半であろう行列の中で。ぼくはカードについては無知なので、ちょっと置いてけぼりを喰らい、この少し異様な光景を写真に収めました。なんなのこの人たち。

2時間近く、みんなでビル内をきゃぴきゃぴ徘徊する女子中学生とか幼女を眺めていたのですが、ようやく店内に入ることができました。
http://www15.plala.or.jp/sasimi/diary/20090906_01.jpg
さあ食べるぞー!食べ物って、盛り方が大切ですね。食べたいものをゴトゴト皿に並べていったら、少し汚くなりました。きりおさんはさすがおねえさんだけあって、綺麗に盛っています。かにたまさんはなぜかパスタばかりを盛っています。
http://www15.plala.or.jp/sasimi/diary/20090906_02.jpg
かにたまさんがようやくスイーツを盛ってきました。ぼくはこの時点で3皿分のスイーツを食べ、お腹いっぱいを少し通り越し、青い状態に陥っていました。
http://www15.plala.or.jp/sasimi/diary/20090906_03.jpg
う、かにたまさんのスイーツが何かのグロ画像の様に見えてきた。ちょっと休憩しよう。
食べ放題終了10分前くらい。3人ともお腹いっぱいでぐったりしていました。でも、かにたまさんの盛ったスイーツがぼてっと残ったまんまです。ラスボスを倒すつもりで、みんなで力を合わせ、なんとか食べきりました。
16時30分。ちょっと名残惜しくも解散の空気になります。2人はこの後もお買い物に行くということです。ぼくは少しついて行こうかと迷います。2人は長い付き合いっぽく気楽そうで、そこに付きまとっていっても、お互い気を使いあって、疲れちゃうんじゃなかろうかとか、うだうだと考えて、素直に帰ることにしました。こういうときはこれで良いのか、少し鈍感になって、ずうずうしく、ついて行った方が良いのか。帰りの電車で、うーんうーんと悩みました。ぼくは中学に入る頃くらいからか、友達の作り方をすっかり忘れてしまいました。高校とか大学で出来た友達っていますけど、基本的に、相手がにじり寄ってきたから出来たんだと思っています。