三途の川おさかなのブログ

だらだらしている

すねまわる

スマホのホーム画面に配置できる金髪小柄の女の子のアイドルのアプリをインストールして、眺めていたら、アイドルちゃんのファンになった。都内を歩いていたら、たまたまアイドルちゃんのライブが行われる会場に着いた。参加は無料。入ってみると、人はまば…

ドローン猫

道端の横道に入るとこにハトが数羽群がっていた。 なんだろう。近づいて、横道を覗いてみると、奥にはニワトリも群がっていた。さらにその先にはカラスがいて、ニワトリを狙っているようだった。 カラスはすぐに飛び去った。見上げると、マンションの上層階…

カナヘビの心配をする

左手にカナヘビをつまみ、右脇に実家の飼い猫を抱え、さまよい歩いていた。 車を停めた駐車場を探していた。 左手のカナヘビはうるおいを失い、ひからびてしまった。猫はどうだ。猫を抱えていたはずの右手は新しいカナヘビをつまんでいた。両手にカナヘビで…

メタルフレンド

大学生になったが、小学校の下校の時間を迎えていた。同窓会の様なイベントを学校で行った帰りだったんだろうか。校舎から校門に続く道がやけに急な下り坂だ。坂の途中で校舎に目を向ける。2階の窓にゲンドウがチラ見えしている。引っ込んでは見えて、引っ込…

2022-05-24

無限に悪夢を見ていた。 分岐たっぷりのアドベンチャーゲームの世界で、不幸な出来事を山ほど味わった。血もたくさん見た気がする。 妻の恨みを買ってしまい「恨みの料理を作ってやる!」と宣告される。怯えながら夕方までただ時が過ぎるのを待っていると、…

2022-03-25

電車に乗っていた。つり革持って立っていた。向こうを向いてるおばさんがしょってるリュックの上にクチバシを持った小鳥の様な生き物が乗っていた。かわいい生き物。指でクチバシをツンツンとつついた。こいつは本格的にかわいいぞと、テンションがあがりつ…

2022-02-21

夢の中で、ルーラを使った。使えたはずだ。成功すれば、頭がぐにゃっとした感覚に襲われ、ちょっとだけ意識を失う。気づいたら目的地に着いてる。そんな流れだったと思う。 でも、ジャンプして、ぐっと目をつぶって、目を開けたら地面に突っ伏してるだけだっ…

2022-01-28

坂本慎太郎がやってきて「屋上を飾っておいたよ」と言って去っていった。 地上から、自宅ビルの屋上の方を見上げると、巨大なひょっとこの顔が鎮座していた。なんてこと! そんな夢。 朝 ひとくちのおやつ昼 つけ麺晩 焼いた鶏肉体重 59.1kg

独占単音ピアノ人間

交通事故で道路に死体がたくさん転がってる夢を見た。昨日の初夢といい物騒である。 そんな夢にも負けず、ドライブに出かけた。 深谷駅、高崎駅など群馬よりの方面を走った。道中、遠くに山脈が眺められ気分が良かった。 高崎駅構内をすこしだけぶらつく。 …

ラーメンドボン

大宮駅でトイレから出たら、通路にあやしいフードの男がいた。注射器をチラつかせている。クスリの密売人。 関わりたくないので、おそるおそる足早にその場を去った。 コンビニ裏のゴミ捨て場に女が転がっていた。ゴミまみれで、ゴミネットの内側にいた。な…

2021-12-27

定時が過ぎ、帰り支度をするところ。職場の流しで水筒に水を入れようと蛇口をひねった。水筒のフタがついたまんまで、フタに落ちた水がじゃばじゃばハネて、床が水浸しになってしまった。 母が職場に駆けつけてきて、水浸しの床を拭き始めた。自分も床を拭く…

地方の駅

旅行で、とある地方の駅への、田舎くさい道を歩いていた。 駅に着く。この駅から、ほんとに目的地に着けるのか確認したい。駅舎の中に入り、路線図を探す。 窓から路線図の一部が覗けた。もうちょい右側がみたい。スクロール出来ないのかと思ったら、駅舎の…

ふかふかなやつら

大阪辺りの商業施設にいた。壁にはんなり豆腐がビニールで梱包された状態で何匹かぶら下がっていた。何個か手に取って、裏側を見ると伝票に「りえ」と他人の名前が書いてあった。商品ではない。豆腐専用の修繕サービス。修繕が終わって、持ち主に回収される…

道連れ飲酒運転

バーを出ると、付き添いの人に「あれ?よかったね。元に戻ったんだね。さっきすごかったんだよ」と心配された。音声レコーダーで、芝居がかった口調でわけのわからない面白いことしゃべってる自分の声を聞かせてもらう。まったく覚えがない。 深夜。父の運転…

トイレの調子が悪い。 中を調べる。 人が詰まっている。 上半身が見えるまで引きずり出す。その人はスーツを着た井の頭ゴロー風の男で、青い顔をして死んでいた。 大家さんに連絡しないととそわそわ。 - 今年、覚えてた最初の夢でした。

今朝。ぼくの口にネコがお尻を乗せて来て、うんこを流し込んでくるという悲劇的な夢で目を覚ましました。('A`) + ここ3日、10時から23時まで働いています。充実感をほわほわさせながら帰宅しています。ぜんぜん嫌ではない。なんかテンションがおかしい。後で…

6月5日の夢メモ

スマホがうぃって鳴る 地震ちよい揺れ ポテチ 白米 うまいぞー学校 同窓会? 教室 避難訓練 席に着く 新任の先生がたが続々教室に入ってくる 滑舌が悪くてなに言ってるのかわからない先生とか マッパの先生とか なぜ同窓会なのに新任の先生がやってきて授業…

6月8日の夢メモ

赤い毒ヘビ 赤いヒルヒルはなんとか潰したけどヘビには咬まれた

トランプをシャッフルして、向いに座ってる相方と自分に一枚ずつカードを配っている。いくら配ってもカードは無くならない。配っているうちにジョーカーを8枚は見た。相方に「なんかこれ複数のトランプ混ざってない?」と尋ねても「そう?」とひとこと。賛同…

夜。ボロくて電気も点かない部屋。 部屋の1片のカベは崩れている。そこから、外のお店の明かりや月の明かりが射し込んで、なんとか部屋の様子がわかる。 同じ形状の母親がふたり並んでいて、じつは、いままで1日ごとに入れ替わっていたのだ!ということをカ…

今日はひさびさに空を飛んで電線に触れてどっきりする夢を見ました。 日記の単語検索で電線と調べてみると2009年に見てる。 飛行と電線の夢を見るようになったのは大学入ってから。何度も見てる夢です。日記に書いてないのもあるだろうし、10回くらいは見て…

数年前だか。大阪の辺り。トイレで酔っぱらいの男の頭を鉄パイプでぶん殴った。頭が割れて、脳みそが露出している。 そのまま床に倒れる男。 しょぼい駅前。うすらぼんやりした街灯。 ふとそんな光景を思い出した。ぼくは人を殺したことがあったのだった。こ…

さよなら橋

夜。自転車で橋を渡った。 しばらくする。 帰ろうとして、さっき渡った橋を探す。 ぐるぐるふらふら、橋があるはずの淵沿いを走る。 辺りを照らす灯りは、いつのまにか、自分が漕いでいる自転車のたよりない発電式のライトだけになっている。 橋は見つからな…

あけおめバスター

あけおめです。お正月休みがあけてしまいました。今日から仕事。人間の格好をした悪魔を殺しにいく仕事。 相方と駅前の歩道橋を渡っていると、目の前に階段を降りていく3人の人がいる。たぶん悪魔。ヤリで挿し殺さないといけない。 でもその前にちょっとその…

夢のベトナム旅行

友達とふたりでベトナムに来た。 横幅が4車線分くらいの広い石造りの城壁を歩いていると、あちらこちらに敵や味方の兵隊が走り回っていて、戦闘が始まっていることに気づく。 右手の遠くから、どおんと重い大砲的なものを発射する音が聞こえる。 ぞわぞわ悪…

星空を見上げてたら、三角形を描くみたいに急な角度をつけて動き回る星を見つける。 火星がしっぽを引きながら、ゆっくり落ちていく。 地球を見つける。地球も急な角度をつけて、動き回る。白い満月も出てきて、やっぱり動き回る。 ぞわぞわ不安な気持ちが込…

日本海側のどこか。鳥取とかそのへん。 職安への列は県一つをまたぐほど伸びていた。 そのながーい行列の最後尾にぼくは並んでいる。 上り坂に差し掛かったところ。 前の人たちが笑いながら、こっちに向かって ボルトやねじなど金物を転がしたり、投げてくる…

怖いしグロいしなんなのこれな夢

宝探しに、人の気配の無い古いお屋敷に侵入しました。お屋敷の真ん中にある玄関は観音開きになってて、開けると、広間になっていて、目の前には2階に続く階段があり、天井は2階のとこまで吹き抜けになってました。電気は点いてなく、屋内は薄暗いけれど、な…

昨日のこと。 電車で寝てて、起きたら埼玉にいたはずが、青森の辺りまで来ていた。 駅ナカのなんかのお店に入る。 他の客の目につかない店の奥に案内される。 店員さんになんかの相談をする。 自分の左腕から緑色の半透明でさらさらの液体がツーッと流れた。…

ボロい町と都内を結ぶ、知らない電車に乗った。こんなとこを結ぶ電車があったのかと驚く。車窓には廃虚の様な人気の無い工場が流れてく。工場の敷地には親指を模した不気味なオブジェがずらずらと立っていた。工場が気になって、途中の駅で降りて、工場にい…