三途の川おさかなのブログ

三途の川おさかな(@osakana4242)のブログ

ホームページ: https://osakana4242.sakura.ne.jp/

蹴るでおじゃる

 

f:id:osakana_4242:20191121231337j:plain

 https://osakana4242.github.io/hkt27/ 

社内ハッカソン27回目。テーマは雅。蹴鞠(けまり)をイメージして、紙風船をポンポンと蹴り上げ続けるゲームを作った。

PC向け。左右キーで移動。Zキーでキック。ヘディングしても構わない。蹴り上げるごとに左右への制御がしづらくなってくる。

なお、本物の蹴鞠の球は紙風船じゃなくて、もっと硬いボールっぽいものを使うようだ。でもぼくが小さいころに教科書の挿絵からイメージしてた蹴鞠というのは、なんかふわふわしたものを、ふわふわした動きでやりとりするものだった。そちらのイメージに寄せた。

 

地方の駅

旅行で、とある地方の駅への、田舎くさい道を歩いていた。

駅に着く。この駅から、ほんとに目的地に着けるのか確認したい。駅舎の中に入り、路線図を探す。

窓から路線図の一部が覗けた。もうちょい右側がみたい。スクロール出来ないのかと思ったら、駅舎の方が動いた。右へ左へ上へ下へ。ウイイイインと機械音を立てながら駅舎を動かし、小さな窓枠から覗ける路線図の全体像をなんとか把握した。

駅舎を動かしている間、危ないので出入り口を出入り出来ない。出入りしたい人には迷惑をかけることになった。幸い、ほかに人はいなかった。さすが田舎。

宿泊先に、はんなり豆腐を持ち込んだ。裏山の小屋。太ったチャラい姉さんがいて、話が合わなそうだなと思った。勇気を出して話をしてみると、話が合わなかった。おまけに、はんなり豆腐を蹴られた。「お、おまえー!は、は、はんなり豆腐を、ぉおおお!!」と、ろれつが回らず狂ったように憤慨し、姉さんに掴みかかり、ケンカになった。

夕暮れ時になり、みんなでテーブルを囲み、硬貨を使ったゲームをすることになった。明かりを消して部屋を暗くした。各人の前に硬貨を積んだ。進行の人が、なんらかのルールに基づいて、ささやかなプレゼントをくれた。

ゲームを終え、部屋を明るくした。戸棚を見てみると、はんなり豆腐が何丁か、きれいに陳列されていた。見覚えの無い、うめ豆腐が並んでいた。それの持ち主は、さっきけんかした姉さんだった。そんな夢。

 

とにかく手を抜きたい

次のハッカソンのテーマは「雅」。雅の定義についてWikipediaで調べたら、よりよくわからなくなった。とりあえず平安貴族でも出しておけば雅だろう。平安貴族と言えば、蹴鞠(けまり)だ。ボール遊び。プレイヤーとボールの2オブジェクトあれば成立する。カロリー低めで作れそう。

 

2019-11-18

朝の4時ごろに目が覚めてしまった。眠れない。起きて、作曲なり、ハッカソンなり作業を進めるのも良いけど、大体6時だか7時だかに力尽きて寝てしまう。寝坊する上、仕事に集中出来なくなってしまう。寝るか、なんかするか、寝るか、なんかするかとぐるぐるしたり、いつのまにか、7時頃までドラゴンボールを読んでいた。寝坊した。頭が痛い。

庶民

週イチの楽しみ。近所でサウナをキメた。サウナ内のおじさんたちの半分以上は顔見知りのようだ。ぼくは隅で地蔵になり、おじさんたちの会話に耳をひっそり傾けたり、心を無に近づけたりしている。最初はこのアウェイ感に戸惑ったけれど、慣れてしまい、そんなに居心地は悪くは無い。

おじさんたちは、いつもゴルフや相撲の中継を眺めながらコメントしあっている。帰るときはわざわざ、サウナ室の外にいるときでもサウナ室のドアをいったん開け、みんなに向けて「じゃあ私帰りますんで」と挨拶をして去っていく。

「ゴルフ組はもう帰っちゃいました?」と聞こえた。ゴルフ組と相撲組の派閥があるようだ。ゴルフ中継、相撲中継をやってる時間に合わせて、それぞれ来る時間が大体決まっているんだろう。

週ごと同じ時間に行き、同じ様な人員の会話が聞けるというのはゲームの moon を遊んでいるみたいだなと思った。